施工の流れ

  • ステップ1 まずはお見積り

    お見積もりフォームやメール、お電話などでのお問い合わせ。 不明な所をお尋ね下さい。 耐震診断、ホームインスペクションだけをご依頼の場合は建物規模により価格は確定していますが、補強工事、改修工事その他のお見積もりは御宅にお伺いして調査後になります。 現場も拝見せずに見積が出せる方が不安ですね。 

    赤外線建物診断はお伺いして診断の内容と特性や目的をご理解して戴いた上でお見積致します。

  • ステップ2 現場調査

    現地調査はお客様の都合のよろしい日時をご指定ください。 (土・日・祝日は混雑が予想されますので、事前のご予約をお勧めいたします。)  御宅にお伺いして問診後、建物診断を致します。申請図面通りに建てられているか、構造のチェック、壁仕上材、天井内部、床下の確認、基礎・外壁確認、蟻害腐朽の確認など行います。 診断時間は2時間程度戴きます。 もちろん診断しますのは、1、2級の建築士がお伺いします。 

    ホームインスペクションは 既存住宅状況調査技術者が伺います。

    赤外線建物診断は赤外線建物診断師が伺います。

    赤外線による建物診断は雨天の際は出来ません。また季節と時間との関係で時間調整が必要になります。雨漏り診断は雨天の翌日移行が良いですね。天気が良好であれば、木造建物は1日程度 大型RC・S造建物は2日から3日間位ですね。足場がいらないから安価に調査が出来ます。

  • ステップ3 プラン・見積りの作成・提出

    さぁ、ここからが担当者の腕の見せ所。耐震診断に精通したスタッフが 専用のコンピューターソフトを駆使して現状の診断をします。その後耐震等級3(評点1)になる様補強計画を出します。もちろんお客様のご要望で、耐震等級2・1になる様計画も出来ます。 あと、ご予算に応じて計画する事も出来ます。次いでに浴室やキッチンの水回りのリフォームや外壁屋根のリフォームもご対応致します。古い御宅をフルリフォームにも対応致します。

    赤外線サーモカメラによる建物劣化診断や雨漏り診断も専用ソフトを駆使して解析をして、ご報告を致します。

  • ステップ4 契約・仕様打ち合わせ

    耐震補強計画は決定するまでご納得戴けます何度も打ち合わせを繰り返します。もちろん内装の仕上げ材、設備の最終迄ご提案致します。最終決定後、ご契約戴きまして工事の準備に掛かります。

    ホームインスペクションと赤外線建物診断は決められました調査項目のご確認戴きます。 その他オプション調査まで細かくご対応致します。

    十分工事内容とご契約内容をご理解戴きました後、ご契約。

  • ステップ5 着工

    工事の段取りを終えたら工程表をお届けいたします。また、着工前にはご近所へあいさつに伺います。
    先ずは養生、床壁を傷付けに無い様プロテクトして、ホコリを最小限迄に押さえ事が基本です。一部屋毎に工事を進めて行きます。設計仕様通り指定金物資材が適切に施工されているか壁毎にチェック各部位毎に写真資料を残します。現場の状態で設計通りに行かない場合はその都度設計者が適切に判断して収めます。その際お見積通りではない場合お客様にご説明して追加が生ずる場合は金額をご提示いたします。

  • ステップ6工事完了

    全ての工事が完了したら、お客様にご確認戴き、ダメや問題が有れば直ぐに対処いたします。

    設計仕様と工事写真のデーターをお渡しして内容をご確認戴ましてから、お引渡しとなります。

Copyright(c) 2020 ガリュウ建築設計事務所 All Rights Reserved.